ブルースクリーンになり、スマホの修理

ある日、スマホを使っていたら画面が青色になってしまい、電源が落ちてしまうというブルースクリーン現象が起こりました。調べてみると死のブルースクリーンと呼ばれることもあるそうで、一気に電源が落ちてしまう、この状態が繰り返されるためにスマホを使うことができなくなる、という特徴があるそうです。多くの場合、これは故障に該当し、修理はできないという情報がインターネットには掲載されていました。

青くなったスマホの画面が彦根でバッテリー交換したら元どおりになった。

しかし、ここでスマホを修理に出したところ、担当者の人から「バッテリーがいかれてるんですよ」と言われ、バッテリー交換をして頂きました。するとそれだけでスマホが直ったのです。

インターネットではブルースクリーンというのは悪名高く、私もいよいよスマホを交換しなければならないかと思っていました。その時点で私のスマホは購入してから4年ほど経っていましたし、いちどバッテリーも交換していました。

買取について詳しく案内してくれた彦根市のスマホ修理店があった。

そのため故障したかもしれないと思ったのですが、まさかブルースクリーンの正体がバッテリーにあるだなんて思いませんでした。もちろん人によってはブルースクリーンによってスマホが壊れてしまい、二度と使えなくなってしまったという人もいるかもしれません。

しかし、もしもブルースクリーンに悩んだら、まずバッテリーの交換を考えてみてください。