未分類

私がスマホをドアに挟んで損傷してしまい修理を非正規店に依頼した内容について

私は、常日頃から、頭からすぐに次の動作が抜け落ちてしまう形で、スマホをどこかに置き忘れてしまうようなことが多い状況でありました。特に酷かったのが、家族にケータイを鳴らしてもらってもどこに置いてしまったのか忘れてしまうと言う状況でありました。iPhoneの画面が暗くなり彦根市の修理店にまた、外出する際に私がやってしまいがちなケータイについてのミスとしましては、運転席から、降りる際に、スマホを挟み込んでしまうと言う内容でありました。滋賀県にはiPhoneの買取をしているお店があるスマホを運転席のドアに挟み込んでしまうことで、いつも「ガタっ」と音がしまして、「ああ、スマホがポケットから落ちてドア付近に落ちてしまったな」と思うものでありましたが、一度やってしまいましたのは、ドアが半開きでありましたので、ドアを開放して勢いをつけてドアを閉じました際に、スマホを挟み込んでしまった内容でありました。スマホのバッテリー交換を彦根市でしているこのことから、すぐに、地元のケータイ非正規店に損傷したスマホを持ち込みましたら、画面割れ等を含めまして、半日で対処して頂きました。翌日からは仕事で必要でしたので大変助かりました。

私がスマホをドアに挟んで損傷してしまい修理を非正規店に依頼した内容について はコメントを受け付けていません。